稽古は和やかですが。。

坊薗です。

最初は人見知り過ぎて、
私は何故ここにいるんだろうと、
勝手に疎外感を感じていたのは今は昔。

なんて居心地の良い場所であろうと
噛み締めている毎日です。

とにかく、
下衆な会話を堂々としていい。
休憩中、帰り道、飲み会、
大概、下衆話。

いままで関わってきたコミュニティでは
比較的、私がmostGESSだったことが多かったのですが
今回は強者がたくさん。
誰とは言いませんが、
師匠と呼ばせていただきたい方も。

しかし、こうも下衆に対してオープンだと
下衆だと分かった上で楽しむのは
上品なのではないかという気がしてきました。

下衆と捉らえているのはあくまで己のこころではないかと。

叶姉妹は高級娼婦らしいですが、
とても上品ですよね。
以前、叶恭子さんの本を立ち読みしましたが
性を楽しんでいるご様子は
まったく下衆とはほど遠い。
やはりこころの持ちようだと思うのです。

大人の告白ですが、
下衆話をしていると
結果、ムラムラしてます。
稽古でも男性との密着する場面も多少ありますしね。


加えて、30すぎるとね、身体が
子供つくれ~子供つくれ~と懇願してくるのも困りもの。
その状態で男性とコミュニケーションをとると
身体も勘違いするっしょ。この野郎。

とはいえお肌もつやつやしてくるのは
副作用的にいい感じですがホルモンの分泌激しく、
頭痛、吐き気、子宮痛、
そして、やっぱりむらむらとした気持ちになります。
まぁ下衆野郎ですね。
あっ一応女性なので下衆女史と名乗らせてもらいます。

共演者が見るとやな気持ちになるかも。
ごめんね。でも大丈夫だよ。
大人だから理性はあるんだよ。


とね、
そんなオープン稽古場の中、
比較的、まともで、
我々の中にいると
かまととキャラに仕立て上げられてしまいがちな
かおりん。
おおきな瞳でみられたら
お前かわいいなぁと
いいたくなって、実際、毎日言ってます。
b0241473_2355341.jpg


この写真はあれですけど、、
ただ、元来は
お酒が強くて
さばっとしてて男らしいとこもあり、
あら、まぁ見た目とのギャップ萠。

あと料理上手で
ニョッキとかいう味がするのか
しないのかわかんないものも手づくりできる
大変、魅力的な大人の女性です。
大好き。

さて、稽古場で火照った身体をこの寒冷で
クールダウンし、
よし!やはり、私は大人として
きちんと理性を持った人間だと自賛して
落ち着きを取り戻したその瞬間
演劇とは関係ない親友ちゃんから電話。

かなりの興奮状態で
イケメンAV男優、俗称エロメン三銃士
鈴木一徹の話を
嬉々としてされました。
好きになったそうです。
挙げ句に女性のためのAV動画を薦められました。
それ誰だよ!みねぇよ!
人がせっかく冷静になったところで、この下衆野郎。
今日はみんなよってたかって私を興奮させようとします。
なんてね。
さてと、、明日は朝9時から稽古だわ。
お風呂に入って寝ます。
お休みなさい。

※あくまで稽古場の様子は主観です。
私のこころが下衆だから下衆だと捉えているのに
過ぎないのかもしれません。


坊薗下衆女史より
[PR]

by syncro-jesse | 2011-11-25 23:48 | 未亡人の一年