<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シンクロの美学

今年は終わりますが、
おもむろに日記を書き始めます。

誰でしょう。
坊薗です。
また出没しました。
えへへ。
今回は
名嘉先生からどうぞ好きに書いてくださいと
許可を得ました。

あと、
オ—ラルメソッド2にづつき
めくるめくセックス発酵版にも
呼んでいただいたので
御礼がてらに書いています。

また、呼んでくれてありがとう。


たぶん、来年になれば、
みんな続々と分担して書き始めると思います。
お待ちください。


12月のあたまらへんから稽古を開始していました。
とはいえ、みんな他の演劇にでてたりしたため
全員揃ったのは中旬。

私が今回の稽古初参加の際には

ものすごいきわどい
男性が女性に行う、
ある性的な手技シーンを
(具体名はあれなので以下『りんご』といいます)
いかように見せるかという
稽古からはじまりました。

その赤裸々な光景をみながら

あああ、
私はまた、
シンクロ少女の稽古場にいるんだなぁと
楽しいなぁ〜と
よ〜し、がんばろうっと!

と身が引き締まったのを
今、思い出しました。

稽古後、
家に帰り、
同居している女友達に

今日はね【りんご】の
稽古したんだよ〜

と話したところ、

【りんご?】
それは何?

とのこと。

えっ【りんご】しらないの?

しらない。
でもシンクロの稽古でやったってことは
ものすごく下衆いことでしょう。

呼んで字のごとくだよ。
『り』で『んご』をするんだよ。
そうするとリンゴのみつがあふれだすんだよ。※

ひでぇな。

このような会話をしました。

【最後の※の一文は今、書き足しました。
ひでぇな。】

稽古場では当たり前で
実験感覚でやっているので
感情セクシャルはゼロなのですが、
感覚が麻痺しているみたいです。

ただし、
以前のブログでは書きましたが、

下衆の美学

がシンクロ少女にはあるということ。

名嘉友美から抽出された愛を
役者各々の愛を持ちよって表現する場であるということ。

それを忘れぬよう、
稽古に励みますね。

セクシャルなタイトルなので

セクシャルな内容だと
思いきや、、、
実は、、
でも、、、
だからこそ、、、

っていう作品になりそうです。
そう、曖昧です。
再演とはいえ、
4年もたてばいろいろ変わります。
役者も変わります。

なんで、正直、
まだ、よくわかりません。

では、また来年。
良いお年を。
[PR]

by syncro-jesse | 2012-12-29 01:03 | めくるめくセックス 発酵版