誰にも伝わらない役者紹介その4

「ジャグラーにパトランプはいらねぇだろ!!」
でおなじみ、右利きの方の横手です。


もはや引き返せない4人目です。アイエエ!ナンデ?ニンジャナンデ?




4人目は今回のあだ名付けられチャンピオンのあの人です。


そうです。

b0241473_1058498.jpg


「正論マン」こと「NO魔性」こと「くるみパン」こと赤澤涼太(あかざわりょうた)さんです。



あだ名からはまるで正体が掴めない赤澤くんですが、実は彼はシンクロ少女の名嘉、泉と同じ日本映画学校の同期なんですね。

横手よりも遥か以前からシンクロ少女とは馴染み深い赤澤くん、なんとシンクロ少女の旗上げ公演に出演していたそうです。すごいね。




そんな赤澤くんは映画学校出身だけあって無類の映画好き、


「俺にとって映画は彼女みたいなものですね。だから人間の彼女なんていらないんです。嘘じゃないです。本当です。」


先日もそう言っていました。(言ってない)




名嘉、泉と三人で映画について盛り上がる姿はシンクロ作品にも形を変えて登場するかもしれませんね。(確信)








…映画好き?










はい、もうお分かりですね?























……

b0241473_10593678.jpg


ランボー怒りのパチスロ(オリンピア)です。



別の意味でランボーが怒りそうなタイトルのこちらの機種、あの名作映画『ランボー』とタイアップした、むしろしてしまった台です。

実はこの業界、ハリウッド映画のタイアップものはけっこうあります。パチスロだけでも…


『ターミネーター』
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
『トップガン』
『ロード・オブ・ザ・リング』
『オースティン・パワーズ』




…などなど、一度は聞いたことのある有名な映画が目白押しですね。


そしてこの映画タイアップ作品には共通した特徴があります。




もれなくクソ台だということです。



その中でもこのランボーはトップクラスのクソ台です。
これではまるで赤澤くんがトップクラスのクソ野郎みたいになってしまいますが、そういうことではありません。



まずはこの機種の説明をしていきましょう。


この『ランボー怒りのパチスロ』はオリンピア初の20インチ大型液晶を採用、さらに初代プレステ並みのクソグラフィックランボーがひたすら敵にやられまくるクソ演出、ちょいちょい出てくる実写のランボー! (あんまり熱くない)



褒めるところが見つかりませんね。





スペック面はどうでしょうか。


ビッグボーナス、レギュラーボーナスの二種類のボーナスに加え、スーパーRT・バトルフィールドを搭載、このバトルフィールドが本機最大のウリです。

いつまで続くかわからないと銘打たれたこのRT、終了条件は



「ボーナス成立、もしくは一枚役の成立」



です。









……けっこう簡単に終わるじゃねえか!!





しかしこのバトルフィールド、やはり最大のウリだけあって非常に良い点があります。

とにかくランボーが「ウオォー!ウオォー!」と叫ぶ

という点です。マジで叫びっぱなしです。これは笑わずにはいられません。

兵士を蹴飛ばして「ウオォー!」
ヘリを撃墜してまた「ウオォー!」
そして宿敵レイザーとのバトルで「ウオォー!ウオォー!」
ボーナス確定!「ウオォー!」



この時点でもう腹筋が崩壊するほど笑ってしまうんですが、本機最大の衝撃はこのバトルフィールドの終わりにやってきました!





ゎたしね…

バトルフィールド中にね…ビッグボーナスぉひぃたの…

そしたらね…

ボーナス中ゎジュピターがながれるの…


もぅマジわけわかんないょ…





ジュピターってアレです。歌手の平原綾香さんのデビュー曲にもなったイギリスの管弦楽曲ですね。
これは本当にツボでまともに打つことができず離席してしまいました。






たぶんこの台、開発者はいたって真面目に作ったんだと思います。

しかし真面目にやればやるほど周りはおもわず笑っちゃう、これは愛されキャラの特徴ではないでしょうか。
赤澤くんにも今回の役にもピッタリな一台だと思います。



愛されキャラ演じる、愛されキャラ。いったいどんなキャラクターなのでしょう。



確かめる方法はただひとつ






三鷹星のホールにて『ファニー・ガール』を観ることですよね(ニッコリ)






ご予約はこちら(赤澤扱い)










ちなみに横手はクソ台愛好家なのでたまにクソ台を打つために遠征することもあります。

ランボーを久しぶりに打ちたくなったので設置店を調べてみました。




2店舗でした。




しかも石川県と静岡県だったので諦めたいと思います。
[PR]

# by syncro-jesse | 2013-09-17 11:42 | ファニー・ガール

台風一過

初めてこちらのブログにお邪魔しますー。太田彩佳と申します。

シンクロさんには、前回公演のオーラルメゾット3に続いて2回目の参加なのですが
今回のファニーガールの座組も本当にみなさん面白くて優しい方ばかりで、毎日とても楽しい稽古場です。

写真は、昨日の稽古風景。

1枚目
こんな感じですね

2枚目
休憩中に、座ってた横手さんとあやか氏の前に来て「はいどーもーー」と漫才をしだした泉さん。

○○○○漫才をされてたのですが、ネタバレになってしまうので言えません。ごめんなさい。

ちなみに画像のモザイクに深い意味はありません、もしくはあります。
劇場にて真実を確かめてみてください。


そして、、
あやか氏・横手さん・千鶴さんの座組の面々を何かに例える流れに乗っかって

私と坊園さんの、ファニーガールの座組の人を「AKB48に例えるなら誰?」対談企画を水面下で進行しています。

近日中には第一回が掲載されると思いますのでお楽しみを!

b0241473_818055.jpg

b0241473_818529.jpg

[PR]

# by syncro-jesse | 2013-09-17 08:21 | ファニー・ガール

打合せだよ。

ども。
この度シンクロ少女「ファニーガール」に出演します。原西忠佑です。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日も稽古ですよ。

b0241473_14273460.jpg


写真は美術打合せちゅうのみなさま。です。
素敵な美術が立ち上がるはず。

みなさまお楽しみに。
うひょー!
[PR]

# by syncro-jesse | 2013-09-16 14:28 | ファニー・ガール

お邪魔します〜

はじめまして〜
シンクロ少女様の本公演には初めて出させていただきます、浅野千鶴と申します〜

今日は稽古がお休みなので、稽古場日記なんて書いてみちゃおうかなあ〜なんて思ってまして、書いてます〜

横手氏やあやか氏が役者さんたちをいろんなものに例えて紹介してるのが面白いなあ〜って思ってまして、わたしもなにかヤりたい!例えたい!と思ったのでヤらせていただきます〜!

■役者紹介〜北の国から編〜■

純…赤澤さんです!
ほたる…オータちゃんです!
ごろう…ガッツさんです!
草太兄ちゃん…原西さんです!
中畑のおじちゃん…みつまさんです!
雪子おばちゃん…ぼうぞのさんです!



あとはちょっと当てはめられませんでした!
赤澤さんが吉岡秀隆さんに似てるからこの例えをやりたかったのですが、難しいですね!
またがんばります!
読んでくださりありがとうございました!!
b0241473_1391885.jpg

[PR]

# by syncro-jesse | 2013-09-15 12:49

誰にも伝わらない役者紹介その3

フゥワ!フゥワ!(スーパービンゴ)
撮影が入るとセリフを噛む方の横手です。


まだまだやめる訳にはいかない役者紹介の時間です。




はい!




3人目は当然この人ですよね。


b0241473_11554652.jpg



あーぽんことあやかちゃんです。



この子はね、見た目がね、とってもとっても可愛らしいですね。ファニーですね。でもね、ただ可愛らしいだけじゃないんですね。素晴らしいガッツ、持ってるんですね。失敗しても何度も何度も立ち上がるんですね。次に勇気。恐い恐い演出家にエイヤッ!と立ち向かっていくんですね。すごいですね。いまや大人気でいろんな劇団にどんどんどんどん出てる。そんなあやかちゃん、今回はシンクロ少女、どんな役を演じるんでしょうね。楽しみですね。ワクワクしますね。それではまたお会いしましょう。さよなら、さよなら、さよなら。

※上記赤字の部分は淀川長治さんで脳内再生すると5割増でお楽しみいただけます。




淀川さんのおっしゃる通りあーぽんの魅力は努力と根性です。
きっと器用なタイプの役者ではないけれどその負けん気は座組に勇気をもたらします。


そうです。まるであの台そっくりではないですか。





はい、もうお分かりですね?












……

b0241473_11585950.jpg


スクール☆ウォーズ(銀座)です。



もうこの下パネルの写真を見ているだけでこみ上げてくる何か(笑い含む)がありますよね。

横手はこの台を初めて見た瞬間、打たずにはいられない衝動に駆られ、結果2万円ほど負けました。
でも全く後悔はしていません。2万円分の何か(笑い含む)をしっかり受け取りました。




さてこのスクール☆ウォーズ、一体どんな台かというとですね。
いまや5号機のスタンダードとも言えるボーナス+ARTで出玉を増やす機種です。



【読み飛ばし推奨・スロット豆知識のコーナー】
ARTって何?

ARTとはアシスト・リプレイ・タイムの略で、アシストタイムとリプレイタイムが複合した状態を指します。

順番に解説しましょう。

アシストタイムとは通常時には色別、または押し順で3択や6択になっている小役をナビゲーションする事により完全に小役を取得出来るようになる機能です。

リプレイタイムとは通常時、約8分の1程度のリプレイ確率(リプレイとはコインを入れずに次ゲームをプレイする事ができる小役)を変動させる機能でこれによりほぼ毎ゲームリプレイが揃います。

この二つの機能が同時に作用する事でリプレイを揃えながら小役を獲得、コインを微増させながらボーナスを待つ事ができます。現行の機種では純増枚数1G辺り1・2枚~1・7枚くらいが主流です。





演出面では名作ドラマ・スクール☆ウォーズにおける数々の名シーンが堪能できるファンにはたまらない作りとなっております(原作見たことないけどな)

原作を見たことがない横手が何故この機種を語れるかというと、実はこの機種


『ボーナス中に原作ドラマのダイジェスト映像が一話づつ流れる』


という素晴らしい機能がついているからなんです。しかもBGMは名曲「ヒーロー」です。これはテンション上がります。

あくまで付加価値ではありますが、ボーナスを引けば引くほどドラマの内容が進んでいく作りは、先が気になって、止めれなくなって、結果2万円ほど負けます。

タイアップ機とはこうあるべきだと横手は思います。
他のメーカーもやってるっちゃやってるんですが、これほどしっかり原作の内容が理解できる機種は他になかなか無いですよ。



そしてこの台、通常時はアニメ画で展開されるのですが、突然実写になることがあります。



これが…

b0241473_1253762.jpg



こうなります。

b0241473_1262954.jpg



…これは卑怯ですね。油断してると飲み物を盛大に吹いてしまいます。あと実写は激アツなので外れるとほんとにくやしいです!

ちなみにあーぽんも突然実写になる時があるので、その辺が似てるんじゃないでしょうか。



最後にどうしてもこれだけは言っておきたいのですが、この台、ボーナス確定後7絵柄を揃える時に

「くやしくないのか!!」

と山下真司ボイスが鳴り響くのですが、これは本当にやめてほしいです。初めて打った時ひとりで大爆笑してしまいました。



だってくやしくないし。むしろうれしいし。





まだまだ語り尽くせないスクール☆ウォーズの魅力ですが、『ファニー・ガール』におけるあーぽんを観て頂ければ全て分かると思います。



この芝居を見逃してくやしくないのか!!






ご予約はこちら(あやか扱い)
[PR]

# by syncro-jesse | 2013-09-15 12:46 | ファニー・ガール